株式会社ブイツーソリューションの出版する、おすすめの本をご紹介するHPです。

詩集・句集

詩集 冬の庭に蝉が鳴く

詳細を見る

和順 高雄 著

超過去と超未来をつなぐ蝉の声を通して現代社会に投げかける詩精神、大いなる自然に向かって錯乱する都会生活者の魂―空虚、問い、歌あるいは祈り―
和順高雄詩集「冬の庭に蝉が鳴く」

※この書籍はAmazon.co.jpのみで販売します。

発売日
2018年11月20日
価格
定価2,160円(本体価格2,000円)
ページ数
82ページ
判型
A5判

詩集 オラティオ(祈り)

詳細を見る

ちいさな星のヨハネス 著

歌わなくなったカナリアに、
何日間もじっと耳を傾けていたら、
やがてとうとう、また鳴き出したという逸話がある。
どんな罪人にも忍耐強く同じようにしたら、
いつか神さまの歌を思い出してくれるかもしれない。
そう信じて耳を傾け続けることが、本当の祈りなの……

発売日
2018年11月15日
価格
定価1,728円(本体価格1,600円)
ページ数
192ページ
判型
四六判

風うた

詳細を見る

山本 候充 著

「俳句という一行詩、独り言句集」

 俳句の約束事「有季定型」などにこだわらない、自由なつぶやき、「独り言句集」。
 俳句のすそ野が広がることを願って、コピーライティングの経験を活かし、自由律もある多様なタイプの句を詠んだ句集。俳句にくわしくなくても、気楽に、自由に楽しめる……

発売日
2018年11月15日
価格
定価1,296円(本体価格1,200円)
ページ数
144ページ
判型
B6判

そっと瞼をとじるように外を眺めて

詳細を見る

銀葉 著

物理の詩情、エネルギー概念の新説。
時空と場全体を一つのエネルギーとみなし、
時空とは別の次元におけるエネルギーの歪みとして物質を考える。
時空はその次元からエネルギーがひろがりでたもの。
一頁一編の自由詩の形式をとり、思考をたどる詩情とともに、
少……

発売日
2018年10月20日
価格
定価432円(本体価格400円)
ページ数
88ページ
判型
文庫判

麻裳

詳細を見る

滝本 昭次 著

麻裳よし紀伊に息づく万葉歌
「俳句は想像力ではつくれない」(著者)
郷土和歌山の自然と歴史を愛おしみ、すべて自らの実体験から紡ぎ出した俳句の精髄がここに!
喪われてゆく日本人の人情と感性の機微が匂い立つ!

発売日
2018年10月19日
価格
定価1,000円(本体価格926円)
ページ数
194ページ
判型
文庫判

神秘詩篇 宇宙は汝の内にあり

詳細を見る

ちいさな星のヨハネス 著

人間の本質は宇宙創造主たる至高の実在とひとつであり、
尽きることのない永遠なる生命そのものだ。
光は宇宙万物を生成する創造の母だが、
われら人類の真我は光以前から実在する神の輝ける炎に他ならない。
万人に内在する普遍意識としての神なる真我について、
……

発売日
2018年10月11日
価格
定価1,296円(本体価格1,200円)
ページ数
56ページ
判型
四六判

軌跡〜吉岡生夫短歌論集〜

詳細を見る

吉岡 生夫 著

「和歌と狂歌の歴史的分裂関係を解消せよ」という天の声に始まる長い旅を終えるにあたって、はっきりと見えてきたことがあった。とりわけ最後の「仮名遣いと五句三十一音詩」を書きながら、気がついたことである。それはなにか―。/私は近代短歌を相対化する試みに賭けてきたのである。/その実相、五句三十一音詩史に日本語史を重ね……

発売日
2018年10月10日
価格
定価2,160円(本体価格2,000円)
ページ数
380ページ
判型
A5判

晩年

詳細を見る

近岡 礼 著

自伝的詩集。

※この書籍はAmazon.co.jpのみで販売します。

発売日
2018年10月10日
価格
定価1,404円(本体価格1,300円)
ページ数
168ページ
判型
A5判

詩集ヴェリタス(真理)

詳細を見る

ちいさな星のヨハネス 著

苦しみに遭ったなら苦しみに学ぼう。
悲しみに遭ったなら悲しみに学ぼう。
人生から真摯に学んでいる限り、そこには必ず神さまの叡智に満ちた教えが見つかる。
夜空にきらめく流星群の如き純粋詩句から、新たに350篇を選りすぐって編纂した第二詩集。

発売日
2018年10月1日
価格
定価1,728円(本体価格1,600円)
ページ数
192ページ
判型
四六判

詩集グラティア(恩寵)

詳細を見る

ちいさな星のヨハネス 著

偽りの愛で幸福な幻想に生きるか。
それとも真実の愛で厳しい現実を生きるか。
あなたは、どちらでも望む人生を生きることが出来る。
但し、神さまは真実の愛の中にしか実在しない。
天啓を求める敬虔な祈りから生まれた珠玉の六行詩350篇を収めた神智あふれる第一詩集。

発売日
2018年9月25日
価格
定価1,296円(本体価格1,200円)
ページ数
192ページ
判型
四六判

姉の名は文子

詳細を見る

しおばら ともこ 著

あなたにとって大切な人は誰ですか。
その人と一緒に生きていることは奇跡のようなものです。
大切な人を もっともっと大切にしたくなる…そう思える九十の歌がこの一冊に詰まっています。

※この書籍はAmazon.co.jpのみで販売します。

発売日
2018年7月10日
価格
定価432円(本体価格400円)
ページ数
50ページ
判型
A5判

芭蕉との対話(五十音順篇)

詳細を見る

松尾芭蕉×剣持雅舟 著

芭蕉の発句は九八五句ある。その一句毎に添句を試みた。古来の連句における脇句(付句)ではない。いわゆる「脇」は発句に続く俳諧作品で、季も入り、「第三」に展開していく。こここで「添句」とは、芭蕉発句に補足説明したり、余情や連想を付け加えている。

まえがきより

※……

発売日
2018年5月25日
価格
定価756円(本体価格700円)
ページ数
136ページ
判型
新書判

ウォーキング俳句

詳細を見る

林部 敬鬼・加代女 著

日本の四季を二十四節気ごとに紹介し、それに併せてわれわれの俳句をまとめ直して紹介した。

※この書籍はAmazon.co.jpのみで販売します。

発売日
2018年4月20日
価格
定価864円(本体価格800円)
ページ数
134ページ
判型
四六判

歌集 草食獣 第八篇

詳細を見る

吉岡 生夫 著

第八歌集である。
二〇一〇年から二〇一七年、元号なら平成二十二年から平成二十九年の作品、約八百首から二百首を選んで一頁一首組とした。

※この書籍はAmazon.co.jpのみで販売します。

発売日
2018年3月30日
価格
定価1,620円(本体価格1,500円)
ページ数
226ページ
判型
四六判

家族の詩

詳細を見る

宮口恒樹 著

ともすれば流されやすい多忙な日常生活のなかで綴った家族等をテーマとした詩集。
家族愛の他にも、身近な自然や季節感、人間・人生、その他の雑感等についてピュアーな感性で綴った詩集である。

発売日
2018年2月5日
価格
定価2,376円(本体価格2,200円)
ページ数
304ページ
判型
B6判

光る種子たち

詳細を見る

桂沢 仁志 著

予定調和が運命に含まれるならば、条理と不条理、真実と虚偽、恩寵と残虐、それぞれがステンドグラスの一欠けらの色ガラスのように、みなが混在し全体で一つの光のハーモニーを奏でるものなのか? これらの詩篇の一つ一つが「光る種子」のように発光して実を結ぶことを祈らずにいられない。

発売日
2018年1月22日
価格
定価864円(本体価格800円)
ページ数
132ページ
判型
新書判

番外歌集 イタダキマスゴチソウサマ一九九五年

詳細を見る

吉岡 生夫 著

番外歌集とは、すでに第七篇まで出している家集『草食獣』のシリーズを意識した命名である。『イタダキマスゴチソウサマ一九九五年』の一九九五年、平成七年とは私にとって、どのような年であったのか。

本文より抜粋。

※この書籍はAmazon.co.jpのみで販売します……

発売日
2018年1月10日
価格
定価1,080円(本体価格1,000円)
ページ数
114ページ
判型
B6判

くちびるから よだれ

詳細を見る

八木 未望 著

無意識によだれのように唇から流れる言葉たち。
82の詩篇は情熱的虚無を描き詠う人間賛歌。

※この書籍はAmazon.co.jpのみで販売します。

発売日
2017年11月3日
価格
定価1,944円(本体価格1,800円)
ページ数
184ページ
判型
四六判

魂の音

詳細を見る

シオ 著

今この時を生きているあなたに。
魂の音が迫るアート詩集。

※この書籍はAmazon.co.jpのみで販売します。

発売日
2017年9月19日
価格
定価540円(本体価格500円)
ページ数
40ページ
判型
文庫判

旅人の独り言

詳細を見る

秋風京都 著

重き荷を背負いて、遠き道程をひたすら歩む秋風京都です。主に、人生そんなに楽しいもんじゃない!という視点から書かせてもらいました。共感するもよし、突き放すもよし、触れて下さっただけで感謝です。宜しくお願い致します。(著者談)

※この書籍はAmazon.co.jpのみで販売します。

発売日
2017年8月21日
価格
定価432円(本体価格400円)
ページ数
80ページ
判型
A5判

詩集 銀の涙

詳細を見る

塚本 正明 著

家族・四季・哲学を詠む。詩集。

発売日
2017年7月20日
価格
定価1,000円(本体価格926円)
ページ数
72ページ
判型
四六判

精霊の息吹

詳細を見る

田中 哲也 著

私たちにとって
命とは
生きるとは
幸福とは

縄文と弥生の名残
但馬の國の自然の中で
生れた言葉

二十六の
詩篇

※この書籍はAmazon.co.jpのみで販売……

発売日
2017年7月18日
価格
定価1,080円(本体価格1,000円)
ページ数
96ページ
判型
A5判

童

詳細を見る

馬場 秀 著

泥んこの子のズボンより蓬の香

私は、沢木欣一に師事した。師は俳誌「風」にあって即物具象を指導指針とされた。即物具象とは、句の対象を出来事や事柄でなく物とし、この物を読み手のまぶたに像として再現出来るように表現する手法である。私は、この即物具象の伝道師を自任している。自らも愚直に即物具……

発売日
2017年7月1日
価格
定価2,916円(本体価格2,700円)
ページ数
148ページ
判型
四六判

句集 萱の刈穂と文殊菩薩

詳細を見る

塩田 冬彦 著

1 主題に寄せて
2 夏
3 秋
4 冬
5 春
6 再び主題に寄せて

句集。

※この書籍はAmazon.co.jpのみで販売します。

発売日
2017年6月30日
価格
定価1,058円(本体価格980円)
ページ数
42ページ
判型
新書判

千趣宣誓5.0

詳細を見る

野々山 睦 著

【千首和歌】とは和歌の修練などの目的で、一人または数人で和歌一千首を続けて詠んだもの。
今は昔平安時代に藤原為家が貞応元年(1222)日吉 (ひえ) 神社に詣 (もう) でて献じた「為家卿千首」が現在最古といわれています。そして今、平成の世に千首和歌……

発売日
2017年6月10日
価格
定価1,080円(本体価格1,000円)
ページ数
270ページ
判型
新書判

八月の銃声

詳細を見る

伊古田 博之 著

肉親の死、震災と原発事故などの現実を直視し、そこから浮かび上がってくる漠然とした不安を詩の形式で記録した。16の詩篇から成る詩集。
作者の詩心は、苦悩のある人の「いま」と共にあり続けるに違いない。
十年にわたる地元紙新聞投稿を経て集積された待望の第一詩集!栃木県芸術祭受賞作品も収録。……

発売日
2017年4月10日
価格
定価1,620円(本体価格1,500円)
ページ数
74ページ
判型
B6判

詩集 丸い地球はどこも真ん中

詳細を見る

久遠 晴人 著

あの「自然回帰線」の著者、久遠晴人(くおんはると)がネット時代の詩的世界を感性豊かに描いている。ネット・人間・老化・自然・宇宙に優しく目を向け、時代をさまよう人々に温かく心を寄せる。

詩集には「夜中のコンビニ」、「ネット少年」、「シックス・センス」、「美しき出会い」、「最初の半分」、……

発売日
2017年3月30日
価格
定価1,296円(本体価格1,200円)
ページ数
114ページ
判型
A5判

〔絵本〕ありがとう

詳細を見る

南部 柔心 著

ココロがらくになる30のメッセージ
ページを開くと猫の版画30点!

発売日
2017年3月20日
価格
定価864円(本体価格800円)
ページ数
64ページ
判型
A6変型

愛と光の詩集

詳細を見る

シオ 著

多次元からのキラキラをあなたに

チャネリングメッセージを詩にたくしました。
お気に入りの詩が見つかるかも!?

※この書籍はAmazon.co.jpのみで販売します。

発売日
2017年2月1日
価格
定価432円(本体価格400円)
ページ数
20ページ
判型
B6判

もっぺん

詳細を見る

山崎 啓治 著

(好奇心+観察力)×ユーモアと評してくれる大阪文学学校の中塚鞠子チューター、それに「次はいつでるの」のチラホラご挨拶にお調子者はお世辞を額面どおり頂戴してならば第二集「粋なべべ」につづいて、貯めこんだ駄作に『もっぺん』粋なべべを着せてみようとしました。今も支えは「99人が下手くそと言っても 一人が上手と言うな……

発売日
2017年1月21日
価格
定価1,296円(本体価格1,200円)
ページ数
144ページ
判型
A5判