株式会社ブイツーソリューションの出版する、おすすめの本をご紹介するHPです。

書籍紹介

加藤清正と忠廣

amazonで購入する

7&yで購入する

bk1で購入する

加藤清正と忠廣

肥後加藤家改易の研究

福田 正秀 著

ジャンル
論文・学術書・参考書
ISBN
978-4-434-25958-6
ページ数
376ページ
判型
上製本 A5判
発売日
2019年6月24日
価格
定価3,240円(本体価格3,000円)
分類コード
3021

内容紹介

戦国時代に賤ヶ岳の七本槍として名を馳せ、文禄・慶長の役での活躍、虎退治、名城熊本城をはじめ多くの城を手掛けた築城の名手として知られる加藤清正。豊臣、徳川両家の天下取りにおいて大きな役割を果たし、その功績から肥後熊本54万石太守にまで上り詰めた戦国武将。江戸時代には農業・土木の神、近代にはその戦歴から軍神に祀られ、現代でも高い人気を誇る。しかしその死後、加藤家は二代目藩主忠廣の代で幕府によって改易されてしまった。加藤家はなぜわずか二代で改易になったのか……。清正が豊臣恩顧大名であったから意図的に徳川に潰されたなど、これまでの通説や諸説は本書ですべて否定される。はたして史料考証で明らかになった改易の真相とは? 熊本城は秀頼を迎えて徳川との最後の決戦のためなど、豊臣の忠臣として徳川と対立軸で語られることの多い清正の意外な真実が明らかになり、加藤清正像が全く新しくなる画期的歴史研究の傑作。

この本は、こちらのオンライン書店で今すぐご購入いただけます。

全国の各書店からのお取り寄せも可能です。(詳しくはお近くの書店まで)